児童扶養手当は、父または母がいない児童、心身に障害のある(※)父または母を持つ児童を監護している父または母、父母に代わって養育している方に児童扶養手当が支給されます。

支給対象となる児童

18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童、または20歳未満で心身に障害のある(※)児童で、次のいずれかに該当する児童が対象となります。

  • 父母が婚姻を解消した児童
  • 父または母が死亡した児童
  • 父または母が重度の障害にある状態の児童
  • 父または母の生死が明らかでない児童
  • 父または母に1年以上遺棄されている児童
  • 父または母が引き続き1年以上拘禁されている児童
  • 母が婚姻によらないで生まれた児童

支給されない場合

支給対象の児童であっても、次の項目のいずれかに該当する場合には支給されないことがあります。

  • 父または母、養育者または児童が一定額以上の公的年金を受給しているとき
  • 児童が里親委託や、児童福祉施設に入所しているとき
  • 手当を受けようとする方やその扶養義務者の所得が法令で定める額(※)を超えるとき
  • 父または母が戸籍上は婚姻していないが、事実上婚姻関係と同様の事情にあるとき

手続きには、請求者と児童の戸籍謄本、住民票(世帯全員)、通帳、印鑑が必要です。
状況によってその他の書類が必要な場合がありますので、詳しいことは、健康福祉課までお問い合わせください。

※障害の程度、所得の制限については、児童扶養手当法施行令をご覧ください。
児童扶養手当法施行令(総務省行政ポータルサイト)

お問い合せ先:
《健康福祉課》 ☎0889-22-7705