児童手当は、児童を養育している方に手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とした制度です。

児童手当をもらえるのは

中学校修了(15歳になった後の最初の3月31日)前の児童を養育している父または母などのうち、児童の生計を維持する程度の高い方(例:所得が多い方)が受給資格者(請求者)となります。
佐川町に住民登録(外国人を含む)がある方は、佐川町から支給します。

※児童養護施設等(児童福祉施設、里親)に入所中等の児童については、施設設置者等に支給されます。

申請について

公務員の方は勤務先で申請してください。
ただし、父または母のうち、公務員でない方が生計を維持する程度が高い場合は、佐川町へ申請してください。
また、公務員の方でも出向中等の方については、勤務先ではなく佐川町への申請となる場合がありますので、お問い合わせください。

こんなときは15日以内に届け出が必要です

次に該当する場合は、15日以内に届け出てください。場合により下の表中の「必要なもの」以外の提出書類が必要なときがあります。

手続きの種類 変更等の内容 必要なもの
認定請求
  • 出生、転入等により佐川町で新しく児童手当の受給資格が生じたとき
  • 請求者の銀行等の口座番号がわかるもの
  • 請求者及び配偶者の健康保険被保険者証の写し、または年金加入証明書
  • 認印
  • 請求者と配偶者の個人番号確認書類・窓口に来た方の身分確認書類
額改定認定請求
  • 出生等により養育する児童が増えたとき
  • 認印
消滅の届 
  • 受給者が町外に転出したとき
  • 受給者が公務員になったとき
  • 児童を養育しなくなったとき
変更の届
  • 受給者や児童の氏名、住所が変わったとき
その他
  • 児童と別居しているとき
  • 監護・生計同一申立書
  • 児童の世帯全員の住民票(児童が町外の場合)
  • 認印